ぼちょのブログ

世界を旅するネットショップコンサルタント

【検証 一か月後】立ったまま仕事を一週間やってみたら、〇〇〇が劇的に改善した Ⅱ

この記事をシェアする

以前に立ったまま仕事をする記事を投稿しました。

その時、肩こりが劇的に改善した、とお伝えしましたところ、たくさんのコメントを頂きました。 www.bochogu.com

以来、もう一か月くらい経つのですが、この一か月のレポートをしてみようと思います。

簡易スタンディングテーブル

 

なお、頂いたコメントを拝見すると、体調など、様々な状況の方がおられると思いますので、もし、長時間立ってパソコンに向かう場合は、あくまでもご自身のお体とご相談されてからご検討下さいね。

 

さて、一か月経ってみて、まずこれはメリットだな!と感じたことを、思いつくままにお伝えすると、

 

肩こりがまったく無くなった。

 肩こり自体が懐かしい感じw

 

お尻、大腿部、腰回りの筋肉の「こり」がなく、ヨガが楽しい。w

 

:お尻に力を入れて立つなど、自分の姿勢を意識する回数が激増した

 

:眠くならない、(比較的)集中できる

 

:立って体力を使ってる?のか、益々ぐっすり眠れ、早く目覚めるようになった

 

:私はもともと楽天的なのですが、超ポジティブシンキングになった

 

水分をよく取り、代謝の回数が増えた座っていた時は、お茶を飲む、トイレに行く、立ち上がる行動が無意識に億劫になっていたようです。

 

 :パソコンのモニターばかりではなく、壁や窓の外を見るというか、視野?が広くなった。モニターを見つつも、他も見るようになり、目の遠近の切り替え?のせいか、目の疲れが激減した目の疲れ予防のサプリは摂らなくなった。

 

:立ったまま足の裏にテニスボールを踏んで、足裏マッサージができる

 

:スクワットや、つま先立ち、片足立ちをして、ちょっと体を覚醒させるような運動もできる

 

:気のせい?か、甘いものを食べたい欲求が薄れている

 

兎も角も、全体的に

デスクワークながら、健康的でフットワークが良い。

その自覚度が高いので益々、仕事への意欲が出ます。

 

デメリットとしては、

:当然ですが、立ちっぱなしなので、たまに疲れると感じることはあります。

 (変な疲れ、ではなく、立っているから疲れる、という納得のいく?疲れ)

 

最初は足の裏がイタイ。慣れるまでに数週間かかりました。

 

じっくり物事を考えたいときは、やっぱり座ることもある

 

こんなもんです。

 

総合的に感じているのは、

:当たり前ですが、テーブルの高さは随時、変えられる方が良いです。

:高さは変えられなくとも、一つの机で、場所を変えれば立っても座ってもOKな配置に変更できるのであれば、良いと思います。

可能であれば、自分の動線を考え、机の向きを考える。水分補給(とても大事)、トイレなど、動きやすいようにする

 

のがおススメです。

繰り返すようですが、立ってパソコンに向かう場合は、あくまでもご自身のお体とご相談されてからご検討下さいね。

 

 

お読みいただいた、あなたの何かのお役に立てばと願っています。

  

  

www.bochogu.com

 

www.bochogu.com
 

 

www.bochogu.com